So-net無料ブログ作成

DOMMUNEについて [DJ / CLUB]

logo.jpg宇川直宏プロデュースの「DOMMUNE」(ドミューン)
これについては語っておこないと!

DOMMUNEのサイト内には復刊した「ELE-KING」がコンテンツの1つとして収録されていますが、他にも幾つかのチャンネルが準備中になっています。
現時点で何と言ってスゴイのが先週の月曜から始まったUSTREAMでの中継。

夕方19時から21時までの2時間は様々な分野の方々が登場してのトークショウで、初回は野田努氏&田中宗一郎氏による音楽対談、2日目水木、手塚、赤塚という巨人漫画家の娘達が集まってのよもやま話。

ボクが見た時水木さんはいなかったけど、出なかったのかな?途中退場?ちなみに赤塚りえ子さんも手塚るみ子さんも昔はよくクラブに遊びに来ていて、特に手塚さんはCLUB VENUSの常連さんでした。いつも最前列で踊ってて肩にアトムの刺青が入ってる女性がいるな~と思ってたら、それが手塚治虫氏の娘さんだったという。

以降もロスアプソンの方々やら、放送内で瞑想したりチャクラの話したりなど、濃ゆいメンツによるトークやら何やらを繰り広げているわけですが、それらが終了した21時から0時までの3時間がDJタイム。これが最強かつ最凶なわけです!

まずはとにかく音がすごくいい!
ネット中継の音ってどうしても荒くて、せいぜいYou Tube程度のものっていうイメージだったんだけど、これは高いビットレートのmp3を聴いているかのような見事な音処理。ご家庭レベルでよっぽど気合いの入った環境でもなければ、CDを聴いているのとさほど差は感じられないと思います。
そして映像は、DJの手元の動きや50名限定としているフロアの様子などを、4台程のカメラをスイッチングしつつ効果的な照明とエフェクトを交えていて、見てて飽きさせないものになっています。
昔SONY TECHNO TVという番組でJEFF MILLSなどのDJ映像を延々と垂れ流すというものがありましたが、全くあれとは桁違いの完成度。まあ、時代が違うんで、比較するのも酷な話ですが。

さらに面白いのが、USTREAMのシステム上Twitterで勝手につぶやいたりチャットできる点。で、ここで交わされている会話ってほとんどダンスフロアで交わされているものに近いと思います。
「うわー!」とか「最高!」とか「やべー!」といったシンプルな感動や、曲や展開に対するコメントなどはフロアの真ん中で踊ってる人達の言葉だし、ちょっと斜に構えた分析っぽい言葉なんかはバーカウンターで繰り広げられてそうな会話。
回を重ねていくうちに常連同士の「また来たね」的なやり取りもあったり。
これ見ながら酒飲みだす人も多いようです。
ナンパが無いくらいかな。
でも音にハマる為にクラブに来た人にとって、ナンパは不要ですよね。

ここに惹きつけられる大きな要因の1つが、これがライブで行われているという点だと思います。
ポッドキャストのようにいつでも好きな時にっていうわけにはいかず、今を逃したら選曲からその場の盛り上がりによる一体感まで全ての瞬間を逃してしまうっていう刹那的な焦燥感。
クラブでも「トイレ行きたいのに我慢してる!」って言いながら踊り狂ってる人がいるのと同じようなことがここでも起きています。

これまでもUSTREAMを使ったお宅でのDJプレイやクラブ中継はたくさんあったけど、DOMMUNEのようにUSTREAM中継に特化したスタジオを使ったものは無かったでしょう。
出演DJから演出、音、映像全てがプロフェッショナルレベル。

これに惹きつけられている人は日に日に増え、初日にいきなり1,700人をマークして以降現在では2,000人を超えるのが当たり前になっています。(これを書いているDJ WADAさんがプレイ中の23:50現在2,400名をマーク)
(最初「初日にいきなり1,200人をマークしたかと思えば翌日は1,500人を超え、3日目には2,000人オーバー」と記述していましたが、コメントで指摘していただいた通り人数に誤りがありました。自分でも初日に1,700超えってTwitしてたのにw)

パーティってのは集客による熱でさらにいいものになりますよね。「あのパーティはヤバイ」って言われることになる理由の1つが新鮮さで1つが集客。そのどちらもが今のDOMMUNEに当てはまる格好となっています。
実際、USTREAM内におけるビューワー数が連日世界1位を記録。
かくいうボクも、初日から毎晩かかさず見てます!

で、さらに粋なのが、これをやってるのが日曜の夜~木曜の夜。週末である金・土はやってません。週末はクラブの現場に行け!というメッセージです。
クラブと競合しない形でバーチャルクラブ体験をさせた上にクラブに行きたいという気持ちを喚起させるという徹底した現場主義。
実際に「クラブに行きたくなってきた」というツイットも多数見かけるし、それが目に見える形で実際のクラブの集客に繋がるという結果が出るのも遠くないかもしれません。
(もっとも平日のパーティにとっては強力なライバルになってしまうかもですが)

また、USTREAMでのDJプレイは、楽曲の著作権問題が取り沙汰されていますが、DOMMUNEで流れる曲は全て管理団体に申請するという話です。

自らTHE FINAL MEDIAと銘打っている通り、現在あり得るメディアのスタイルとして究極のものになると言えるんじゃないでしょうか?
nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 16

brucaniro

初日1700人いってましたね
by brucaniro (2010-03-09 00:12) 

polyshaft

日常の生活パターンでご飯のときにテレビをとりあえずつけるように
19時になったらdommuneに接続するようになってきました。
仰るとおり、録画があればいつでも見れるのになって思ってたんですけどライブだからこそ皆惹かれるんですね。
dommuneでもqheyさんのプレイを観たい!!
by polyshaft (2010-03-09 00:34) 

qhey

>brucaniroさん
あ、そうでしたね!
実際見直したらボクも自分のTwitでそう書いてました。

http://twitter.com/djqhey

訂正しときます~
ありがとうございました!
by qhey (2010-03-09 00:35) 

qhey

>polyshaft さん
これも録画できたら便利かもしれませんが、できればリアルタイムで楽しみたいし楽しんでもらいたいって思います。
でもこう毎日続くとどうしても録画に頼りたくなるのかな~?
むずいところですね。

プレイの方は機会があれば是非やりたいと思ってます。
by qhey (2010-03-09 00:43) 

NOVY

最近忙しくて全然クラブに行けてないのでこーゆーのはありがたい!
QHEYさんのプレイ待ってます!!
by NOVY (2010-03-09 00:51) 

25厨

_senseiさんのtwitterから飛んできました。
一年ほど前からニコニコ生放送でも音楽配信番組を観ている者です。

ニコ生でもフロアーでの会話のようなチャットが飛び交っています。
ただ、USTと一番大きな違いは放送主であるDJとリスナーが友達感覚でチャットをしているところでしょう。

実際に放送をみて放送主のイベントへ遊びに行ったリスナーもいます。
イベント件オフ会に参加する感覚で行くようです。
 ですから、USTでも放送を観てイベントや楽曲を買ったりするリスナーはでてくるはずです。
ましてはdommuneはプロがやってるのでクオリティーが違います。
DJの方にとってもいいプロモーション活動になると思います。

この一年ちょっと音楽配信を観てきましたが、ネット配信=あくまで家で楽しむもの、ととらえていました。
しかし、dommuneを観てからは明らかに心境の変化が出てきています。
今までクラブ活動休止宣言してたのですが、最近ネットで面白そうなイベントを検索するようになりました。

やっぱり実際に出向かないと新しい人とも出会えませんし、その場のヴァイブや音圧も感じれません。それを強く感じました。
ぜひ、業界方もネット配信に参戦してほしいと思っています。






by 25厨 (2010-03-09 03:05) 

野中

興味深いサービスですね。
でも、僕はクラブがたまらなく好きです。喧嘩を売られて蹴られることもあります。遠慮なくぶつかってくる奴に腹が立つこともあります。

自分とDJ以外みんな敵のように思い込んでしまう精神状態のときもあります。それでも、イベントに早く着きすぎて、人が他に誰もいないと寂しいものです。

3・7の日曜日、初、11に行きました。御洒落過ぎて、最初は自分が場違いな気がしましたが、サウンドシステムは素晴らしいと思いました。そしてrebootのフライヤーをゲットです♪あの場所でテクノ聴けるのをとても楽しみにしています。

3.21agehaのイベント
http://www.ageha.com/announce/100321_arena.html
も、とても楽しみにしています。僕がyellowのloopaからclubに通いだして、いつの間にか12年が経ちますが、通っても通ってもも飽きることはなく、ますます楽しくなる一方です。

最近は、オーディエンスの質がもっと上がらなきゃもったいないなあと思うことがありますが、それには様々な文化的、法的整備が必要だと感じています。それは私からの、フロアからのフィードバックとして今後の課題です和。

そしていつの日にかTHE LOVE PARADE TOKYOを実現できるよう、私自身も努力し、皆さんと共に歩み、踊って生きたいと考えております。

ということで、今後もわざとらしくぶつかってくる人や、暴力を振るってくる人には、それ相応の対応をしますw
by 野中 (2010-03-09 10:09) 

qhey

>25厨さん
なるほどー
ニコ生ではそんな感じなんですね。
やってるのは知ってましたが、チェックしてませんでした。
ありがとうございます。

いただいたコメントに対するお返事っていうわけじゃないんですが(コメントの趣旨からは若干逸れると思うので)、感じたことを新しい記事に書いてみます。
by qhey (2010-03-10 23:36) 

qhey

>野中さん
目には目を的なことはやめときましょう。
by qhey (2010-03-11 02:22) 

野中

qheyさん
そこはいつも意識しています。
蹴られても耐えてますからw

by 野中 (2010-03-12 21:40) 

野中

また蹴られたけど、qheyさんの書き込み思い出して頑張って我慢したお☆

AKIKO KIYAMAさん、GLIMPSE (CADENZA / PLANET-E / CROSSTOWN REBELS / from Berlin), すっごいかっこよかったです。


by 野中 (2010-03-13 12:45) 

野中

敵の太刀弱くなさむと思いなばまず踏み込みて敵を斬るべし
合気道道歌
http://www.aikido-yawatahama.jp/newpage8.htm
by 野中 (2010-03-13 15:16) 

野中

やっぱ蹴られたところ痛みます。
油断したw。
by 野中 (2010-03-13 15:21) 

野中

目には目を
でいいと思いますよ。

むしろ泣き寝入りは禁物と心せよ
by 野中 (2010-03-13 15:22) 

qhey

>野中さん
まず1つ
なんでそんなにしょっちゅう蹴られてるのかがわからない。
そこに理由があると考えるのが妥当でしょう。

2つ
目には目という姿勢、これこそが戦争の元。

3つ
対話のつもりかもしれないけど、こういった連投は荒らしと大差ありません。これ以上はやめましょう。
ボクのブログ記事の内容にも全く関係ないし、自分のブログで書いてください。
by qhey (2010-03-15 22:04) 

だいぶうえぽん

ほんとに音が良くて、トイレ我慢者続出でした(笑
by だいぶうえぽん (2010-04-02 14:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。